気になる項目を今すぐCHECK!

  • 入れ歯やブリッジにかわる新しい治療法
  • インプラント治療体験談
  • インプラントが困難なケース
  • インプラントの費用
HOME > 適応・不適応

適応・不適応

適応・不適応について

インプラント治療の適応年齢

インプラント治療の適応年齢のイメージ

インプラント治療には基本的に年齢の制限はありませんが、人口歯根を顎の骨に埋入するため、顎の骨の発育を終える二十歳以降の年齢が適切とされています。
高齢の方でも基本的に問題はありませんが、個人の体力や全身疾患によって手術後の腫れや炎症に対する身体的な反応に違いが出るので、より慎重な安全管理や感染予防が必要になります。

インプラント治療に適していない人

重度の歯周病や、歯の周辺または根元に感染症がある方
歯周病を放置した状態でインプラント治療を行うと、歯槽骨と人工歯根の結合が妨げられてしまいます。 また、インプラントの治療後もアフターケアを怠ると、周囲に溜まったプラーク(歯垢)によってインプラント周囲炎が起こり、インプラントを支える歯槽骨が吸収されていまいます。そのため症状が悪化すると、埋入したインプラントが抜け落ちてしまうことにもなるので注意が必要です。
全心疾患を患っておられる方
インプラント治療は外科手術を必要とするので、糖尿病や高血圧など全身の慢性疾患がある方は注意が必要です。かかりつけの医師に相談したうえで、当インプラントセンターでのカウンセリングにて治療が可能か確認しましょう。治療可能と診断された場合は、安全に手術が行えるよう、生体情報モニターを使用しながら全身管理を行います。
顎の骨の状態が悪い方、骨量が少ない方

インプラント治療では歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋入するので、人工歯根を支えるための骨の層が薄かったり骨量が足りない場合には治療が困難な場合があります。
※骨移植やサイナスグラフトでインプラント治療が可能になる場合もあります。

金属アレルギーの方
ごく稀に金属アレルギーの方がおられますが、治療前の検査にてパッチテストを行い、担当医の判断のもとで治療を行いますのでご安心下さい。インプラント治療には、金属アレルギーの心配が少ない、人体に最も安全な金属とされるチタンを使用します。

金属の使用によるアレルギー反応について

金属の使用によるアレルギー反応についてのイメージ

金属アレルギー反応とは、金属から溶け出した金属イオンが体内のタンパク質と結合してアレルゲンとなることで生じる身体の反応です。
インプラント治療に使用するチタンという金属は、金属イオンの溶出を止める作用がある酸化皮膜が完全に表面を覆い尽くしているので、金属イオンが体内に溶出することがないとされています。そのためアレルギー反応を起こす危険性が非常に低いことから、人体に最も安全な金属として歯科治療はもちろん、体の中に埋め込む医療用の生体材料として使用されています。
ごく稀にチタンアレルギーの方もおられますが、治療の前に金属アレルギーのチェックを行い、担当医がしっかりと確認しますので安心です。

インプラント治療はこのような方におすすめです

しっかりと咬んで食事を楽しみたい方
インプラント治療では、身体に対して最も親和性が高いとされるチタン製の人工歯根を、顎の骨に直接結合して固定します。そのため自分の歯と同じように違和感なく食事を咬んで楽しめます。また、インプラント治療を行うと、自分の顎で咬む力が健康な歯の状態の約80%まで回復するといわれており、そのため顎の骨が痩せるのを防ぐといった健康面での効果もあります。
人前で話す機会の多い方
インプラントは人工歯根を顎の骨に直接結合して固定するので、ブリッジや入れ歯のように他の天然歯に金具を装着して固定することがありません。そのため金具が露出するといった審美的な問題がなく、天然の歯とほとんど同じような仕上がりと自然な歯並びを実現します。入れ歯のようなガタつきもなく、人前で外れてしまう心配や口臭も気になりません。
現在の入れ歯に違和感がある方
入れ歯のデメリットとして、入れ歯が動いてしまって咀嚼しにくいという点があります。
インプラント治療は顎の骨に人工歯根を直接結合して固定するので、歯を食いしばったり、固いものをしっかり咬んだりできるようになるのがメリットです。また、入れ歯と歯茎の間に食べ物がはさまって痛むとうことがありません。当インプラントセンターでは、総入れ歯の不快感にお悩みの方はもちろん、多くの歯を失われた方に適したAll-on-4(オールオンフォー)というインプラント治療も行っています。
ブリッジ治療のために健康な歯を削りたくない方
ブリッジ治療では、失った歯の両隣の健康な歯を削り、土台として人口歯を装着します。しかし歯は削れば削るほど寿命が短くなるものです。インプラント治療は失った歯の両隣の歯を削る必要がないので、周囲の健康な歯を守ることになります。
また、ブリッジでは咀嚼する際に土台となる両隣の歯へ負担がかかりますが、インプラントの場合は、顎の骨にしっかりと人工歯根を埋め込んでいて自分の顎で咬めるので、健康な歯に負担がかかりません。
入れ歯による口臭が気になる方
インプラントは顎の骨にしっかりと固定されるので、入れ歯のように歯茎との間に食べ物がはさまるといったことがありません。そのため磨き残しによって口臭が発生するということがないので安心です。
また、入れ歯のように取り外す必要がないのでお手入れの必要が少なく、長期の旅行も安心です。固いものもしっかり咬めるようになるので顎の骨の衰えを防ぎ、見た目にも自信を持って会話も楽しめます。
アフターケアを怠らずに定期的な検査を継続できる方
インプラント治療に使用するチタン製の人工歯根は虫歯の心配がなく、治療後のケアは天然の歯に比べると簡単だといえます。しかし正しい歯磨きを継続しないと、インプラントの周囲で歯周病のような炎症が起き、それによってインプラントを支える歯槽骨が吸収されてしまいます。インプラントを長持ちさせるためには、正しい歯磨きと定期的な検診が大切です。