気になる項目を今すぐCHECK!

  • 入れ歯やブリッジにかわる新しい治療法
  • インプラント治療体験談
  • インプラントが困難なケース
  • インプラントの費用
HOME > CT検査・インプラント設備について

CT検査・インプラント設備について

CT検査について

CT検査についてのイメージ

当インプラントセンターでは、より安全で確実なインプラント治療のために、世界的にも高い評価を持つシロナ社の歯科用CTレントゲンを導入しています。治療前の精密検査において高い画像のクオリティと、被爆線量の低さに定評があるブランドです。
CT撮影によって人工歯根を埋め込む位置や角度、顎の骨の形状や骨の密度、神経の位置など詳細なデータを割りだし、それに基づいて3D画像を作成します。その後、ノーベルバイオケア社のノーベルクリニシャンという3Dシミュレーションソフトによる手術のシミュレーションを行って、患者様一人ひとりに合ったサージカルテンプレートを作製します。

ノーベルクリニシャンとは

ノーベルクリニシャンとはのイメージ

ノーベルバイオケア社が開発したノーベルクリニシャンとは、CT撮影の結果をもとに、より安全な治療計画のシミュレーションができる画期的なソフトウェアです。

ノーベルクリニシャンによって患者様の歯の立体的な形状や骨の厚み、硬さなどを測定して作製されたマウスピースのようなサージカルガイドには、インプラントを埋入する位置や角度が正確に反映されています。このサージカルガイドを歯肉に固定して、そのガイドに従って人工歯根を埋入するので、従来よりもさらに確実で安全なインプラント治療が可能となりました。
また、サージカルテンプレートに沿って開けた小さい穴に人工歯根を埋入するので、ほとんど歯肉を切開せずに治療を行うことができ、身体への負担も軽減できます。

※エンゼルインプラントセンターではインプラント治療だけでなく歯周病や矯正治療などにおいても、より安全で確実な治療を行うための有効な検査方法として歯科用CTを使用しています。

シロナ社について

SIRONA社 [ XG 3G ]

当インプラントセンターで資料している歯科用CTは、医療先進国ドイツにおいて130年以上の歴史ある歯科用機器の専門メーカー・シロナ社のものです。(SIRONA社 XG 3D

シロナ社は、革新的な技術開発力や世界トップクラスの技術力に加え、国際的な医療情報のリサーチに努力を重ねており、歯科用医療機器のトップメーカーとして世界中の医療現場において高い評価と信頼を得ています。

ノーベルバイオケア社について

NOBEL BIOCARE社

当インプラントセンターで使用するインプラントは、スウェーデンで設立され、現在はスイスに拠点を置くノーベルバイオケア社のものを使用しています。

ノーベルバイオケアは、近代インプラント治療のパイオニアであるブローネマルク博士によって発見された画期的なインプラント治療を、世界で初めて製品化しました。

40年以上の臨床実績を持ち、現在も革新的なライ ンアップを提供しており、世界70カ国にもおよぶ販売ネットワークを持っています。

医院設備

歯科用CT ORTHOPHOS XG 3D
歯科用CT ORTHOPHOS XG 3Dのイメージ

歯科用CTとは三次元の立体的な画像データを取得して、患者様のお口の状態を調べるための装置です。

通常のレントゲンでは二次元の平面的な画像しか撮影できませんが、歯科用CTは撮影した対象の断面を垂直・水平・斜めと自由に表示できるので、インプラントの正確な埋入位置を調べて計画的なインプラント治療に役立てたり、インプラントを埋め込む部分の骨の量や密度を調べたりするのに役立ちます。

また、歯科用CTの撮影時間は僅か数十秒ですので、一般的な医療用CTと比べてX線量が低いので人体への影響が少なく安全です。当インプラントセンターで歯科用CTに採用しているシロナ社は、歯科用医療機器のトップメーカーとして世界中の医療現場において高い評価と信頼を得ています。

超音波機器 ピエゾサージェリー
超音波機器 ピエゾサージェリーのイメージ

ピエゾサージェリーとは、超音波の振動で歯肉や粘膜などを傷つけずに骨を非常に滑らかに切削する医療機器です。

骨や歯肉へのダメージが少なく、必要最小限の骨を安全に削ることができるので、これまで骨が薄くてインプラントの埋入が困難だった患者様にも安心して治療を受けていただくことが可能になりました。

生体情報モニタ Moneo BP-A308
生体情報モニタ Moneo BP-A308のイメージ

エンゼルインプラントセンターでは、高血圧や心臓疾患をはじめとする全身疾患をお持ちでインプラント治療に不安を抱いている方にも安心して治療をお受けいただけるように、血圧や脈拍、心電図、血中酸素濃度など様々な生体情報を正確に把握するための生体情報モニタを導入しています。

オステルメンター
オステルメンターのイメージ

共振周波数を解析することでインプラントの安定度を測定する装置です。

オステルメンターで測定されるISQ値(インプラント安定指数)は世界中の医療機関で使用されており、インプラントの欠損予防だけでなく、より正確な治療の計画にも役立っています。また、測定数値を蓄積することで手術後の経過を正しく把握することが可能です。

ペリオテスト
ペリオテストのイメージ

ペリオテストは、歯やインプラントの状態を診断するためにドイツのシーメンス社が開発した装置です。

これまで歯の動揺度(ぐらつき)の診断は、医師の勘と経験に頼ることが多かったのですが、歯の動揺度を数値化するペリオテストはインプラント治療への臨床応用だけでなく、様々な歯科治療の症例に応用されています。