気になる項目を今すぐCHECK!

  • 入れ歯やブリッジにかわる新しい治療法
  • インプラント治療体験談
  • インプラントが困難なケース
  • インプラントの費用
HOME > インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラントについて

インプラントについてのイメージ

インプラント治療とは、歯を失ってしまった方に対して人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上から義歯を装着する治療法です。

インプラント治療は、失ってしまった天然歯と同様な機能回復と審美性を実現します。
そのためブリッジ治療のように健康な歯を削ったり、入れ歯のように動いたりしませんので、人前で外れてしまう心配がなく、口臭が気にならないのも魅力です。

咀嚼 (そしゃく) 機能

埋入する人口歯根は顎の骨と直接結合されるので、周りの歯に頼ることなくしっかり噛むことができます。それにより顎の骨に刺激が加わり、骨が痩せてしまうという症状を防ぐ事が出来ます。そのため、ご自身の歯と同じように食事を咬んで楽しむことができるのです。

しかしインプラント治療は、事前検査の結果によっては治療内容が制限されたり、治療自体を受けられない場合もあります。例えば主に喫煙などが原因で、歯茎の血行が悪くなって創傷の治癒が遅れたり、人口歯根と骨の結合ができにくい場合です。また、外科手術ということで麻酔を用いることになるため、妊娠中の方や糖尿病、高血圧、腎臓病などの内臓疾患にかかっている方は、治療を受ける場合に十分な注意が必要になったり、手術が不可能な場合もあります。

インプラントを埋め込む部分の骨が薄かったり、顎の骨が痩せすぎていると人口歯根が骨からはみ出してしまうので治療が困難ではありますが、そのような場合には骨移植や骨造成を行うことで治療が可能になります。

インプラントの適応・不適応

人体へ埋入する人口歯根は、顎の骨や歯茎の粘膜との適合性が高く、金属アレルギーの心配がない純チタン製のものを使用します。念のため、当インプラントセンターでは治療前に金属アレルギーの有無を調べるパッチテスト検査を行いますのでご安心下さい。

また、一定の治癒期間が経つと、骨の中に埋めこまれた人口歯根の周囲を新たな骨の組織が取り囲むので、安定した状態が長期的に保たれます。
人口歯根の表面には酸化チタンの膜が張られており、内部のチタン本体の腐食を防ぐ加工がされています。

骨移植・骨造成とは

骨移植・骨造成とはのイメージ

インプラント治療では、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根の埋入手術を行います。そのため土台となる骨が薄い場合 や、骨粗しょう症などで骨の密度や量などに問題があると、人工歯根を埋め込むのが難しく、治療できない場合がありました。

しかし近年では、
●骨移植
●骨造成
●骨再生療法

といった技術が確立されたことにより、これまで埋入手術が困難だった患者様でも治療が可能になってきています。

サイナスリフト

上顎の骨が不足している場合に行うのが、サイナスリフトと呼ばれる治療法です。
顎の骨の奥にはサイナス(上顎洞)という、鼻膣に繋がる大きな空洞があります。
上の奥歯を失った場合、このサイナスが下の方に拡大して、歯を失った周囲の歯槽骨が吸収されてしまうので、人口歯根を埋入するために必要な骨の厚みが不足してしまいます。
そこで、上顎洞粘膜を洞底から剥離して持ち上げてできる間隙に、自家骨(じかぼね)や骨補填剤を移植して骨の厚みを確保します。

歯槽骨が吸収されて厚みが少ない場合、このサイナスリフトを併用してインプラント治療をおこなう事を二回法といいます。
サイナスリフトを行った後、骨が安定するまで通常4~6ヶ月間の治癒期間を経た後に、人工歯根の埋入手術を行います。この二回法では治療期間が6ヶ月から1年に及びますが、歯槽骨が5mmに満たない患者様でもインプラント治療が可能になるという、画期的な治療法です。

歯を横から見た断面図

自家骨について

上顎の骨が不足しているなかでインプラント治療を行う場合、身体の他の部分にある自家骨を移植する方法を取ります。
自家骨には、主に下顎の中央部や下顎の親知らずがある位置の奥の下顎肢という骨、もしくは腰骨や膝の下の脛骨を使用し、自家骨が不足している部分に移植します。
自家骨を削り取った部分に何らかの不具合が生じることも考えられるため、近年では自家骨に人工の骨や補填剤などを組み合わせて、経年的な骨の減少を抑えるための研究が進められています。

当インプラントセンターでは、サイナスリフトを併用する二回法でのインプラント治療が患者様にとって最適な方法であるかどうかを慎重に検討いたします。その上で治療前に担当医が詳しい説明を行い、患者様の同意に基づいて治療を進めますのでご安心ください。

インプラントの耐久性

インプラントの耐久性のイメージ

インプラントの歯は、日常生活を送るうえで壊れたりすることはほとんどなく、手術後のケアをしっかりと行えば、通常20年以上もつといわれています。

しかし定期的に検診を受けていなかったり、歯磨きが正しく行われていなければ、様々なトラブルを引き起こす原因になります。

特に歯周病が進行すると骨が吸収されてしまい、人工歯根を支えきれなくなってしまいます。また、人工歯根の周囲にプラーク(歯垢)が溜まると炎症が起こり、この症状が悪化すると埋入した人工歯根が抜け落ちてしまうことにもなるので、アフターケアはしっかり行いましょう。

審美性

従来の入れ歯では、金具が露出するなど審美的な問題が多くありました。しかしインプラント治療なら、自分の歯と同じような歯並びや色調を実現できます。
また入れ歯では歯の土台である歯根の回復が望めないという問題もありましたが、インプラント治療では健康な歯の状態の約80%まで咬む力が回復するといわれています。
これにより顎の骨が痩せるのを防ぐといった、健康面での効果もあります。

インプラントの歴史

インプラントの歴史のイメージ

その歴史は古く、インカ帝国時代のペルーにおいてエメラルドの歯根が植えられたミイラが発見されている他、中国やエジプトでは象牙の歯が植えられた人骨も見つかっています。

また、古代ギリシャでは権力者が奴隷の歯を自分の歯の抜けた箇所に用いていたという記述もあります。その後は入れ歯が発明され、中世ヨーロッパでは象牙や牛の骨、もしくは健康な人の歯を買って人工歯にすることも行われていたようです。

一般的にインプラント治療が実際に広く行われるようになったのは1940年代以降ですが、1952年にチタンが骨に結合する特性を発見したスウェーデンのブローネンマルク医師によって開発された、オッセオインテグレーションという治療方法の成功によって、この治療法の研究は飛躍的に発展しました。

1965年から本格的に臨床応用が始まり、無害で発がん性もなく腐食しないチタンは、この治療に最も適した素材として普及し、それまで一般的だったコバルトクロム合金に代わって現在も使用されています。

即時荷重とは

インプラントの歴史のイメージ

インプラント手術を行ったその日のうちに、人工の仮歯を装着し機能させることを即時荷重と呼びます。
手術をしたその日から固定式の仮歯が入るため、見た目や食事も気になりません。仕事やプライベートで忙しい人ほど、1日で治療が可能なので大変喜ばれています。
歯がないと食事もうまくとれず、外見にも違和感が出て、会話も楽しめません。
患者さんの体力的負担を減らし、生活の質を向上するといった観点から、即時荷重インプラントが注目されています。
ただし、患者さまの骨の条件やインプラントの初期固定によっては、従来通りの待時荷重になる場合もあります。

無歯顎の患者さまには、上下の歯を各4本~6本のインプラントで支えるオールオン4(オールオン6)のご案内をしております。オールオン4(オールオン6)は埋め込むインプラントの本数が少ないため、インプラントの手術自体も短時間で済み、手術費用も抑えることが出来ます。

All-on-4(オールオンフォー)、All-on-6(オールオンシックス)

インプラントの歴史のイメージ

All-on-4(オールオンフォー)、All-on-6(オールオンシックス)は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。
従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。
そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。

All-on-4(オールオンフォー)は、埋め込むインプラントの数が最少4本。
骨の移植なども必要ありません。
抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで、1日で行うことが可能となりました。
短時間で固定式の仮歯が入る画期的な治療法。
たった1日でお口元が劇的に変わり、さまざまな入れ歯の悩みから開放されます。

即時修復とは

インプラントの歴史のイメージ

即時修復とは、インプラント手術当日に固定式の仮歯が入る治療法です。
見た目は気にならず、審美上生活に支障はありませんが、機能させません。
その日に仮歯が入るので、歯のない状態は回避され、インプラント手術当日から通常通りの生活が可能です。
見た目が気になる方ににお勧めの治療法です。

フラップレス手術

インプラントの歴史のイメージ

歯肉および骨が十分にあるケースでは、ガイデットサージェリーにより歯肉を切開剥離することなく、インプラントを埋入することが可能です。
切開しないので縫合しなくて済み、手術も短時間で済みます。
術後の腫れや出血、痛みもありません。
低侵襲な手術です。