気になる項目を今すぐCHECK!

  • 入れ歯やブリッジにかわる新しい治療法
  • インプラント治療体験談
  • インプラントが困難なケース
  • インプラントの費用
HOME > インプラント・入れ歯・ブリッジのメリットデメリット

インプラント・入れ歯・ブリッジのメリットデメリット

インプラント・入れ歯・ブリッジのメリットとデメリットについて

インプラント・入れ歯・ブリッジのメリットとデメリットについてのイメージ

「インプラント治療がいいとは言われるけど、実際はどうなの?」

そんな疑問を持つ方のために、入れ歯やブリッジと比較して、インプラント治療のメリットとデメリットをご紹介します。不明な点がありましたらお気軽に福岡市東区のエンゼル歯科までお尋ねください。

インプラントのメリット
しっかり咬んで食事を楽しめる

インプラント治療では、人口歯根が顎の骨と直接結合して固定されるので、治療後は自分の歯と同じように違和感なく咬め、食事を楽しむことができます。健康な歯の状態の80%程度まで咬む力が回復するといわれ、それによって顎の骨が痩せるのを防ぐといった健康面での効果もあります。

優れた審美性(自然な見た目)

従来の入れ歯では、金具が露出するなどの審美的な問題がありましたが、インプラント治療では天然の歯とほとんど同じような仕上がりと自然な歯並びを実現します。また、ブリッジ治療のように健康な歯を削る必要がなく、入れ歯のようなガタつきもないので人前で外れてしまう心配や口臭も気になりません。

複数の歯を失っても治療可能

健康な歯にブリッジをかける治療法は、失った歯の両側に歯がなければ行えませんでした。しかしインプラント治療なら、複数の歯を失った場合でも最小4本の人工歯根を埋入することによりって12本の歯を固定して支えるAll-on-4という方法での治療が可能です。通常のインプラントと同様、審美性が高いだけでなく、天然の歯のようにしっかりと咬めるので顎の力も衰えません。

インプラントのデメリット
治療ができないケース

インプラント治療前に行う検査の結果によっては治療内容が制限されたり、治療そのものが受けられない場合があります。例えば、顎の骨が少なくてインプラントを埋入できない場合や、喫煙によって歯茎の血行不良が起こって創傷の治癒が遅れるような場合、インプラントと骨の結合が難しくなっている場合です。また、外科手術ということで麻酔治療を要するため、妊娠中の方や糖尿病、高血圧、腎臓病などの内臓疾患にかかっている方が治療を希望される場合は、手術を受けられなかったり、治療の内容に制約が発生する場合があります。

長期的な治療期間

インプラント治療は人工歯根と骨が完全に結合するまでに時間が必要です。最短でも下顎で5ヶ月、上顎は8ヶ月以上かかる場合が多く、患者様の状況や治療法によっては治療期間が1年以上になる場合もあります。

健康保険が適用されません

インプラント治療は自由診療となり、健康保険が適用されません。手術の内容や埋入する本数などによって一本あたりの費用(相場は250,000円/税別~500,000円/税別)が算出されます。一方で入れ歯やブリッジは保険診療が適用されるため、3割負担の場合、ブリッジは数千円、部分入れ歯は5,000円~1万5,000円程度での治療が可能です。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリット

入れ歯の最大のメリットは治療費といえます。健康保険が適応されるので、インプラント治療に比べると医療費を安価に抑えることができます。また保険は適応されませんが、前歯など目立つ歯の場合は予算に応じて自然な見た目の入れ歯を選ぶことが可能です。ですが、審美性を優先するならブリッジやインプラント治療の方が優れているといえます。

入れ歯のデメリット

入れ歯だと土台が不安定なため、硬いものを咬めずに食事を楽しめなかったり、歯ぐきと入れ歯の間に食べ物がはさまって痛むといったデメリットがあります。柔らかいものばかり食べることで咬む力が衰え、顎の骨が痩せてしまうのも気になる点です。また、入れ歯を清潔に保つために毎日のメンテナンスが必要です。

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジのメリット

失った歯の両隣の歯を土台にして、人口歯を補う治療をブリッジといいます。
土台がしっかりしているため装着による違和感が入れ歯よりも少なく、自分の歯と同じように咬めるのがメリットです。セラミックなどの人工歯を選べば見た目にも自然で 天然の歯との区別が付きにくいといった審美的に優れた面も持ち合わせます。

ブリッジのデメリット

ブリッジでは失った歯を補うために、その両隣の健康な歯を削って土台にする必要があります。また、保険治療では前歯の3番目までにしか白い材質の人工歯を使うことが出来ないので、前から4番目以降では金属の歯を使用することになります。保険適用外なら奥の歯にも白い材質を使用できますが費用が高くなります。また、歯周病で歯ぐきが下がっていると審美的な問題も出てきます。